30代四十代ぐらいの男性になってしまったら、ほとんどの方は10代20代の頃にあったブランド(入手困難な商品ほど人気が出るなんてこともよくあるもの)への憧れと言うものは落ち着くのようです。見た目の派手さや知名度でファッションを決めるのではなくて、素材や質感を重視した落ち着きのあるファッションをしている人が多いです。特にマフラーは素材や質感が重視され、ウールよりもカシミヤやアンゴラと言った高級素材を使用したものが好まれていらっしゃるのではないでしょうか。また、三十代40代の男性は年齢から醸し出される大人の雰囲気もあり、ブランドを前面に押し出した派手めの物を身につけてしまうとかえって浮いてしまいがちですね。では、30代40台から支持されるブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)にはどんなものがあるのでしょう。例えば、ポールスミスのマフラー(首に巻くことでかなり防寒することができるでしょう)は全世代から支持されていて常に人気があります。しかし、40代ぐらいの男性の中には、ポールスミスは若い人のブランドというイメージを持っている人も多くいるようなので、プレゼントをする際には少し注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)した方がいいですね。アルマーニのマフラーは非常に上品で、使っている素材も高級なので、四十代ぐらいの男性から厚い支持を得ています。ダンヒルはとても落ち着いて品のあるブランドで、ちょっとダンディーな大人の男をイメージさせるため、ダンヒルのマフラー(秋冬のファッションでは、重要なワンポイントとなるでしょう)をプレゼントにもらって嬉しいと感じる男性も多い事でしょう。英国王室御用達というほどのブランドなので、利用している素材や質感は言うまでもなく高級です。他にも、ドレイクスやアルテア、ベグといった素材や質感を重視したブランド(それを持っているだけで自分に価値があるように思ってしまう人も少なくないでしょう)も人気があるのですー